「課題」発見の手順

課題発見の手順に関してですが、それほど難しいものではありません。ある意味、目標が定まっていれば、比較的簡単に見つけることが出来ます。

想定課題のリストアップ

まずは思いつくままに、該当するかもしれない課題をリストアップしていきます。とりあえずは何でもかまいません。リストアップしていきましょう。

もし「体重を10キロ減らす」というのが目的ならば、

  • 食べ物は?
    • 必要以上でカロリーをとっているものはない?
    • 朝食を食べているものは?
    • 昼食で食べているものは?
    • 夜食で
    • お酒は?
  • 運動は?
    • 日々の運動習慣はどう?
    • 歩く習慣はある?

といった形で、該当しそうなものをリストアップしていきます。

課題の評価

課題が出尽くしたな。。と思ったら、その課題を「評価」していきます。
評価は簡単で、「それが解決できたら目標が達成するか、否か」です。

「体重を10キロ減らす」が目的で、例えば「夜食で毎日ラーメン食べてる」を課題とします。
もし「夜食のラーメン」が無くなったら、10キロ減るのか。を考えてみる、っていうことです。

もしかしたら「それでは2キロしか痩せないな。」ということになったら、追加の解決するべき課題を考えてみます。逆に、「もうこれで、10キロは痩せる」と見込みがつくならば、それはそれでとてもいいことです。

課題の優先順位付け

課題がリストアップできたならば、それを課題の影響範囲が大きい順でリストアップしておきます。

よくあるのが、「その課題、一生懸命解決しても影響範囲少なくない?」という状況です。
本人にとっては重要な議題で、かつ少なくともプラスに働くような場合、やり続けてしまう場合が多いです。

それよりも、大きな影響範囲を持つものに、注力するほうが結果としての成果がでやすかったりします。

まとめ

実際のところ、「課題がわからない」っていう状況は、あまりないんです。

例えば、「偏差値を10あげる」という目標を設定した場合、勉強の質的な問題か、勉強の量的問題、勉強のための家庭環境、といった形で、ある程度は想像がつきます。

それよりも、目標の優先順位や、どの課題を組み合わせれば、目標に到達するのか、といった形のほうが重要です。

FOLLOW

思考のフレームワーク
最新情報をお届けします